買ったはいいけれど持て余しがちの台湾調味料「沙茶醬(サーチャージャン)」は実はめちゃくちゃ使える!

台湾のスーパーに行くと日本では見かけない調味料がたくさん売っていてワクワクしますよね。私も毎回スーパーでの買い物が旅の楽しみのひとつです。

そんな中で、買ったはいいけれど使い方がよく分からなくて持て余してる人が多い気がする台湾の調味料「沙茶醬(サーチャージャン)」のお気に入りの使い方を紹介したいと思います。

 

日本人には使い方が謎な沙茶醬、牛肉の炒め物に入れるのが一番美味しい。

台湾人に「沙茶醬ってどうやって使うの?」と聞くと大概「火鍋のタレに使うと美味い」という答えが返ってくるけれど火鍋ってそう頻繁に食べるものでもないしな…とか思っていたのですが、お肉の炒め物に入れてみたところ、これが美味い!!

牛肉とエリンギ、ブロッコリーの炒め物

沙茶醤+醤油+みりん+酒を大さじ1ずつの合わせ調味料で味付け。沙茶醬はほぼ塩味がない魚介ベースの調味料で単体だとぼんやりしていて物足りない感じですが、醤油や中華スープの素などと混ぜると味に深みが出て日本人好みの味になります!辛いのが好きな方は豆板醤入れても美味しいです。

インスタで台湾人の方に「牛肉とピーマンの組み合わせも美味しい」と教えてもらったので、早速試してみたらめちゃくちゃ美味しい!豚肉や鶏ミンチの炒め物も作ってみたけれど、沙茶醬には牛肉が一番合うと思います。

沙茶チャーハン

我が家のチャーハン担当、旦那渾身作のチャーハン。沙茶醬+創味シャンタン+醤油少々で味付け。いい感じに台湾風味になって美味しい!私は沙茶醬ちょっと入れすぎくらいが好きです。笑

 

台湾のインスタント麺にちょい足し使い

台湾のインスタント袋麺「維力炸醬麵」は写真のように湯切りしたお湯をスープにして食べるジャージャー麺なんですが、付属のタレと一緒に沙茶醬と刻みネギをちょい足しするとさらに美味しくなりました。

あとは、沙茶醬+ナンプラーで味付けしたエスニック春雨サラダも美味しかったし、友人作のキュウリと厚揚げとザーサイの沙茶炒めもすごく美味しかったです。本当に使い道が無限にあるので、使わずに眠らせているのはもったいないです。

あっ、火鍋あんまり食べないとか言っちゃったけど、火鍋のタレもめちゃくちゃ美味しいです。台湾人の知り合いに教えてもらった「沙茶醬+醤油+卵黄+刻みネギ」を混ぜるだけのタレは薬膳スープの味に奥行きが出ておすすめです。

最後に。こちらは最近の台北旅行で買った調味料や食材たち。いや、実際は他にももっと買ってたな…

右から、スーパーの頂好で買った美味しい豆板醬、老舗ごま油屋さんの信成で買った黒ごま油と芝麻醬、こちらも頂好で買った沙茶醬、四四南村の好丘で買ったパッションフルーツとグアバの高級ジャム。真ん中のは雙連朝市で買った麺線の生麺

右から、神農市場で買った黒酢、勝立生活百貨で買った油膏、スーパーの全聯で買った油蔥酥

毎回きちんと使い切れそうなものだけ買いたいと思いつつたまに失敗することもありますが、この時買ったものは全部美味しくて次回もリピートしたいものばかりなので自信を持っておすすめできます!

特に油蔥酥はサラダにかけたり、麺類やスープにかけたり、油膏と一緒に皮蛋豆腐にかけたり、日本に売ってるフライドオニオンよりにんにくっぽい風味があって美味しすぎなので、次回はもっと爆買いしたいです。笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。