飯田橋の香港カフェ「香港贊記茶餐廳」念願のディナータイムへ行ってきた!

img_9414

以前ご紹介した飯田橋の香港カフェ、贊記茶餐廳(チャンキチャチャンテン)、その後も飯田橋の近くに行くたびにリピートしていたのですが、本格広東料理が楽しめるディナーの部が少し前から始まったとのことで、張り切って6人のグループで行ってきました!

以前の記事はこちら!→ 飯田橋で香港気分が味わえる贊記茶餐廳に行ってきた

img_9380

私たちが今回いただいたのはこちらの忘年会コース!これだけのボリュームで一人3,000円はお得です。

以下の写真は3人分(ホタテは一人一個)の分量が写っています。

img_9403

ホタテと春雨のガーリック蒸し

一品目からパンチのありそうな一品が出てきました!見た目通りガーリックが強烈で美味しい!「やばい!15個くらい食べられる!」とか騒ぎまくる、関西人中心に構成されたうるさい私たち…

img_9404

白身魚の香味野菜蒸し

2品目も魚丸ごと!見た目は豪快だけど、ショウガがアクセントになった優しい味の白身魚でした。

img_9406

叉焼と皮付き豚バラ

これ美味しかった…!皮付き豚バラのカリッと具合が最高です。

以前ランチタイムにご飯にこのお肉が乗ったものをいただいたことがあるのですが、こちらも最高なのでおすすめです!(下の画像)

img_9376

 

img_9407

レモン風味のベイクドチキン

この見た目から想像しそうな塩コショウ味がほぼせず、ほんのり甘くてさわやかなレモンソースでいただくので、もしかしたら好みが分かれるかもしれないけれど、チキンの旨味と絶妙に合わさって美味しかったです。

img_9408

空心菜の鉄板炒め

肉魚が続きまくってやっと野菜!笑

XO醬の風味と鉄板焼きの香ばしさが合わさって、今まで食べたことのある空心菜炒めとはちょっと違うタイプの味付けでした。

img_9410

贊記炒飯

メニューには炒飯または焼きそばとあるので、選べるのかな?と思っていたら自動的に炒飯が運ばれてきました。具がゴロゴロでなかなか美味しい!

コース料理に含まれているのはこの炒飯までなのですが、食いしん坊な私たちはまだ食べられそうということで、以前の記事で紹介していた出前一丁のサテビーフ乗せを追加で注文し、更にデザートとしてエッグタルトパイナップルパンも注文しました。どんだけ食べるんだ…

img_9411

img_9412

食後のお茶は以前いただいて以来気に入ってしまったコーヒーとミルクティーが混ざった鴛鴦茶をホットで。

でもなぜかこの時のはすごくぬるかったのでちょっと残念。この飲み物、熱いか冷たいかじゃないと美味しさ半減してしまうと思います。

 

全体的に日本で普通に食べられる中華料理より風味重視のまろやかな味付けで、薄味好きな私はとても気に入りました!本場の広東料理は食べたことがないから比べられないけれど、日本でなかなか食べられない味なんじゃないかなと感じました。

あと、お肉と海鮮の猛攻って感じだったので欲を言えば野菜のメニューをあと一品くらいどこかに挟みたかったです。笑

今後もランチタイムに通いつつ、ディナーメニューのさらなる進化に期待したいです!

 

香港贊記茶餐廳

千代田区飯田橋3-4-1

営業時間:11:30~23:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。