台湾からの帰国日に台風直撃して帰れなくなって海外旅行保険の大切さを実感した話

img_9175

もうタイトルが全てを物語っているので何も言う必要はないのですが、実はこの前の台湾滞在で帰国予定日の9月27日に台風が直撃して帰れませんでした!

台湾は台風大国ですが、こんなに上手い具合に直撃するなんてなかなかない経験だと思ったので、この記事が人の役に立つかどうかはわからないですが、無事帰れることになるまでの記録を綴りたいと思います。笑

既にものすごい暴風雨なのになかなか欠航の決断をしない復興航空…

前日の26日から大雨が降ったり止んだりの嫌な天気で、夕方にはもういくつかの航空会社が翌日の欠航を発表していたのですが、私が今回利用したトランスアジア航空/復興航空(LCCでもないのに激安の往復16,000円)はなぜか全然欠航の発表をしませんでした。

心配になって従姉の台湾人旦那に電話してもらうも「とりあえずチェックイン開始の時間に空港のカウンターまで来て下さい」の一点張りでめちゃくちゃ不安でした。

翌日27日の昼前には、今まで日本で経験したことのないような暴風雨で街路樹もなぎ倒されまくりの中、超徐行運転で空港に向かうのも一苦労でした。

空港に着いた時点でもう飛行機なんて飛ぶわけがない状態だったのに、未だに欠航の発表をしないトランスアジア…なんなの…どんだけ決断力がないの…

img_9172

他のフライトは取消や改時と表示されているのに、しぶとい復興航空。

搭乗予定のお客さんは日本人と台湾人が半々くらい。カウンター前でだいぶ待たされたのち、やっと欠航の発表をして、翌日の同じ便に振り替えが決まり、その日のホテル(宿泊費は実費)を用意してもらえることになりました。

私は今回は従姉宅に滞在していたので、そのままもう一泊させてもらうことはできたのですが、翌日の同じ便に絶対乗れるとも限らないし、最新情報を得るために他の乗客と一緒に行動することにしました。

トランスアジアのカウンターに日本語を話せるスタッフが一人もおらず、別のツアー客のガイドとして引率していた台湾人のおっちゃんが通訳をしてくれたので、私のように個人で航空券を手配して来ている日本人にとってはとても有り難かったです。

そのおっちゃん、最初スタッフとめっちゃ揉めてる風に見えて、なんかややこしい人なのかな…と思っていたら、ちょっとお節介で親切な台湾人らしいおっちゃんなだけだったので、おっちゃんごめん〜と思っちゃいました。笑

 

航空会社が用意したホテルが意外と快適だったので、余分な一泊を楽しむことに。

自分で選んだわけじゃないホテルってやだな〜ボロかったらどうしよーとか思っていたら、到着したのは桃園駅近くの綺麗なビジネスホテルで、立派なツインの部屋に一泊NT$2400で快適に泊まることができました!

img_9177

空港で長時間待って疲れ果てていたので、とりあえずベッドで一眠り。

おなかが空いて目が覚めたので、ちょっと外に出てみることに。だいぶ暴風雨は収まっていたけれどコンビニしか開いてなかったので、上の3点セットを買ってみました!

img_9178

一度食べてみたかったカップラーメン維力炸醤麵。これ、普通のカップ麺ではなくて、カップが2つ重なっていて汁なし麺とスープとして食べます!結構しっかり味で美味しい!スープは台湾らしい薄め味。

日式カツ丼おにぎりは日本風なのかどうかは謎だけどボリュームあって美味しかったです。台湾のこのタイプのコンビニおにぎりは「加熱嗎?」と聞かれるので温めてもらった方が絶対美味しいです!

台湾ビールのパイナップル味、味は変わらず美味しいんだけど、絶対前のパッケージデザインの方が可愛かったと思うんだけどなー。

台湾では台風の時はカップラーメンを食べるのがスタンダードらしくて、台湾人気分を味わえたのは貴重な経験だったかも??

ホテルの部屋では特にすることもないので、ずっと台風情報のニュースを見ていたのですが、この時に完全に覚えた中国語が「停班停課」 ting2 ban1 ting2 ke4 ティンバンティンカァ。会社と学校が休みという意味です。出社、登校しないといけない場合は上班上課。台湾のどの地方が翌日休みかそうでないかを知らせていました。

 

翌日、台風も過ぎ去ったので桃園駅周辺をうろうろしてみる。

img_9184

翌日、お迎えのバスの時間まで暇だったので桃園中心部を歩いてみることに。風はおさまったけれど、しとしと雨が降っていてすっきりしない天気。午前中からやっているお店もまばらです。

台鉄の桃園車站の周辺は大きなデパートがふたつあって、そこそこ栄えています。また台風じゃない時に従姉ファミリーと一緒に来たいなー。

img_9185

お昼は前日に見つけた八方雲集で焼き餃子を食べたかったんだけど、まだオープンしてなかったのでその隣の「巧味溫州大饂飩」に入ってみることに。

エビワンタンスープと、いつも見かけると食べたくなる干し豆腐?の小菜。

img_9186

超ローカル店だけどなかなか美味しかったです。この後も時間までドラッグストアで買い物したりなんだかんだで楽しく過ごしました。

 

無事翌日のフライトにチェックイン!欠航証明書は忘れずもらいましょう。

最後にローカルっぽいお店で食事できて満足した後、お迎えバスが来て空港へ。さすがに台風翌日なので人でごった返していたけれど、いつも通りカウンターに並んですんなりチェックインすることができました。

今回の台風で余分にかかったお金を海外旅行保険会社に請求するための欠航証明書はチェックイン後のタイミングでもらうことができました。チェックインカウンターで申し出るのではなく、同じフロアにある航空会社のカウンターで欠航になった便のeチケットを見せるだけでもらうことができます。

img_9189

チェックイン→出国まではスムーズに済んだのに、結局遅延しまくって定刻から2時間ほど遅れてしまいましたが、無事搭乗することができました!

画像は帰国前に必ずおみやげとして買う黑松ドリンク。グァバジュース美味しかったです。

 

海外旅行保険は絶対入った方がいい!余分にかかったお金がほぼ全額返ってきました!

帰国後すぐに加入していた海外旅行保険のコールセンターに連絡して、規定の用紙に記入したものと、欠航証明書、本来のeチケット、実際に搭乗した航空券の半券、余分にかかった宿泊費などの領収書を送りました。

この時びっくりしたのが、延泊した間の飲食代や、フライトが遅延して空港到着が深夜になって余分にかかった自宅までの交通費(タクシー代、高速代、レンタカー代など)まで領収書があれば請求できるということ!

宿泊費さえ返ってきたらいいか〜と思っていたのに、その他かかってしまったお金もほぼ全額返ってきたのは驚きでした。いやー、本当に海外旅行保険入っててよかったです。

私は海外旅行保険付きのクレジットカードは持ってないので、毎回ネットから申し込んだり、航空券を取った会社から紹介された安価なものに加入したりしていますが、今後も台湾に行く機会は多いだろうし、海外旅行保険付きのカードも検討したほうがいいなと思いました。

出発直前に空港で加入できるものは割高な上に、自宅から空港、空港から自宅までの間は保険対象外なのでやめておいた方がいいです。

あと、返却が一日遅れてしまったレンタルWi-Fiは、事情を説明したら延滞料金を払わずに返却することができました!私がいつも利用しているのはiVideoという会社ですが、とても親切で嬉しかったので今後も利用し続けたいです。

今回の台風、台北市内は停電したり断水したりしていて大変だったのですが、私はずっと空港のある桃園にいたので、普通にお風呂にも入れて携帯の充電もできたのが不幸中の幸いでした。長々と書いてしまいましたが、なかなかない台湾の台風経験ができたので、こうやって書き残すことで誰かの役に立てばいいなーと思ってます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。