キャンティ飯倉片町本店に行ってきた

IMG_8853

お盆休み前半、両親が東京に来ていたので普段行かないようなところにたくさん出かけました。上の画像の金魚は目黒雅叙園のエントランス。8月28日までやってる百段階段のイベントが目的だったけど、この金魚コーナーが一番フォトジェニックで可愛かったです。

この日の夕食はタイトルにもある通り、私が今更紹介するまでもないような名店だけど、六本木のはずれにあるキャンティに行ってきました!

キャンティ、なかなか頻繁に来れないような名店ですが、実は今回が2回目です。前回は入籍のお祝いをしに訪れたので、個人的に思い入れのあるレストランです。

IMG_8859

メニューはこちら。16,000円のAコースと13,500円のBコースがあって、私はBにしました。

前回アラカルトにしたのですが、魚などの今日のおすすめ食材をテーブルまで持ってきて説明してくれて面白いので、そっちも是非!

IMG_8861

前菜。キャンティで一番ワクワクするのは前菜だと思います。ワゴンに乗ったいろいろな大皿の前菜の中から好きなものを5つ選ぶのですが、スタッフの方の説明も分かりやすくて全部魅力的に感じるのでめちゃくちゃ悩みます…

上ふたつの詳細を忘れてしまったけれど(アボカドのなんとかと、鶏肉のなんとか…)下のふたつはシーフードサラダとポテトサラダです。どれも美味しかったけれど、ポテトサラダおすすめです!

IMG_8862

イワシの香草焼き。温かい前菜は調理して別盛りにしてくれます。前菜の種類が多すぎて悩むので直感で選んだけれど、これ前回も食べた気がするなぁ…安定の美味しさです。パテやテリーヌ系のものを選ぶと、パンやピクルスと一緒に綺麗に盛り付けてくれるのも嬉しいです。

IMG_8863

スープかパスタを選ぶことができるので、私はトマトの冷製パスタにしました。美味しい〜

IMG_8875

メインのアンガス牛のタリアータ、サラダ添え。最近、赤身のお肉を食べる機会が続いていたのですが、一緒にワインをたくさん飲んでいても翌日胃もたれしないし、胃腸が弱っている真夏にいただくお肉としてはとても気に入っています。

私は真夏でも食欲が落ちないタイプの食いしん坊ですが、今年はさすがに暑すぎて、今ちょっと残暑のダメージがきています…一ヶ月後の台湾に向けて整えなくては。笑

IMG_8876

デザートも前菜と同じくワゴンが運ばれてきて、そこから3種類選びます。これまためちゃくちゃ悩んで、桃のコンポート、いちじくのゼリー、濃厚なチョコレートケーキを選びました。フルーツ系を2つも選んだけれど、ケーキやムース類もたくさんあって美味しそうでした。

私が語るのなんておこがましい名店ですが、全てにおいて塩分や油分がちょうどよくて、日本人なら老若男女誰でも食べやすくて大好きな味だと思います。両親も満足そうだったのでよかった!今後も一年に一度くらい来れたらいいなぁ〜

 

お店に行く時に気になったのが、六本木駅から歩くとちょっと距離があるけど、タクシー乗るのが普通なのかな?前回も今回も有名人らしき方を見かけた(誰かはすぐ分からない女優さんとか政界の人とか…)けど、みんなまさか歩いて来てないよね…?私たちは歩いて行ったけど。笑

 

CHIANTI キャンティ飯倉片町本店

港区麻布台3-1-7

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。