味仙の台湾ラーメンはどのへんが台湾なのか謎だけど美味い

IMG_8914

名古屋の食べ物というと味噌カツなどのいわゆる名古屋めし的なものが思い浮かぶけれど、それ以外も美味しいものたくさんあるんですよ!

今回はその中でもベタなほうですが、久しぶりに台湾ラーメンでおなじみの「味仙」に行ってきたのでレポートしたいと思います。

台湾料理じゃないけど台湾ラーメン

台湾ラーメンっていうネーミング、本場の台湾料理の麺料理なのかな?と思ってしまいますが、実はそうではなくて、完全に名古屋の味仙で開発されたミンチやニラの入った激辛のラーメンです。全然台湾関係ないです。このイメージのせいで「台湾料理=辛い」と思ってる日本人が多いですが、台湾料理って全然辛くないしむしろ薄味です。たまに辛いのもあるけど、あとから自分で調味料を足して辛くするスタイルが多いと思います。

しいて言うなら台南名物の坦仔麺(タンツーメン)に似てる気がしますが、坦仔麺は辛さとは違うスパイシーな旨味なのでまた全然別のものだと思います。

IMG_8078

画像は台南の度小月で食べた坦仔麺。もっと見た目が台湾ラーメンに似てる記憶だったけれど、こうやって並べると全然違うな…

 

あと最近台湾ラーメンに便乗してか、名古屋の街中を歩いていると「台湾カレー」という看板が目に入ってきて、全く台湾の要素がないしもう何が何やら分かりません。見た感じ激辛ミンチがトッピングされてるカレーだけど美味しいのかな〜?

この記事を書くにあたって少し調べたら、台湾本国では「台湾ラーメン」を「名古屋拉麺」としてフードコートなどで販売してるらしくて、そっちのほうが正しいからちょっと笑ってしまいました。高雄のデパートのフードコートで「寿がきや」も見かけたので、意外と名古屋文化が浸透しているのかな…?

 

味仙の料理には麻薬的旨味成分が入ってると思う

味仙は台湾ラーメン以外にもいろいろ美味しいものがあるから、辛いものが苦手でも中華とビールの組み合わせが大好き!って人には全力でおすすめしたいです!最初に炒めものなどを一品食べるとどんどん食欲が湧いてきて、ビールも進みまくるので、一般には出回っていない味仙特有のやばい旨味成分でも入ってるんじゃないかなと勝手に思ってます。笑

IMG_8913

とりあえずたのむ青菜炒め。何の青菜なのかいまいち分かってないけど美味い!

IMG_8912

蒸し鶏。恐ろしい量のにんにくが入っていて、結構ピリ辛!

IMG_8915

この日すごく炒飯が食べたい気分だったので初めて注文。美味しい〜

IMG_8918

あさりの炒めもの。これおすすめです!「うんま!うんま!」とか騒いでたら、相席になった女の子たちに「何ていうメニューですか?」と聞かれました。このスープの旨味がすごくて、白ご飯を別で追加してこの汁をかけて食べるというアホなことをしてしまいました…

IMG_8914

そしておまちかねの台湾ラーメン。注文したのは一番激辛の台湾ラーメンではなくて、辛さ控えめの台湾ラーメン(アメリカン)です。初めて味仙に来た時にこちらにしたのですが、辛さとスープの旨味のバランスがよくて、それ以来私はアメリカン派です。激辛が好きな人には物足りないけれど、ウマ辛いって感じの味でちょうどよくておすすめです。

写真がないのですが、友人からちょっともらったホルモンラーメンが美味しくて新しい発見でした!程よい辛味にうっすら八角が効いたホルモンが本場の台湾料理に近い味で美味しかったです。

 

写真見てたらまた食べたくなってきましたが、猛烈ににんにく臭くなるし絶対体に良くない味なので名古屋に行った時にたまに食べるくらいがちょうどいいかなーと思ってます。

私がこの時行ったのは矢場町の店舗ですが、名古屋って遅くまでやってるお店が少ないからかとても混雑してました。店内の異国っぽさはもちろん、ホールを統括する司令塔みたいなおばちゃんを見るのも結構好きです。笑

 

味仙 矢場店

名古屋市中区大須3-6-3 味仙ビル

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。