飯田橋で香港気分が味わえる贊記茶餐廳に行ってきた

IMG_8698

これだけ台湾台湾言いまくっている私ですが、最近香港のことも気になるのでいろいろ調べたりしていたら、「東京の香港」として香港好きの間で話題になっているお店が飯田橋にあるとのことで早速行ってきました!

 

茶餐廳=ちゃちゃんてんとは?

まず店名が難しすぎる!!広東語で「ちゃんきーちゃちゃんてん」と読みます。茶餐廳は飲み物や軽食を食べることができる香港発祥の大衆的な喫茶店のようなお店です。

香港にはまだ行ったことがないので、この飯田橋のお店の存在を知ってから茶餐廳というものを知ったのですが、現地の本物の茶餐廳について調べてみると、なんとも言えないノスタルジックな雰囲気や独特のチープなメニューにものすごく魅力を感じてしまいました。

スクリーンショット 2016-07-17 21.02.15

この茶餐廳のレトロ感…角の丸いビルとグリーンの使い方たまらん…ウォン・カーウァイの映画に出てきそう…

茶餐廳よりシンプルな飲み物と軽食だけを扱う「冰室」と呼ばれるお店もあって、昔ながらの雰囲気を残すお店はどんどん数が減ってきてるそうで、ものすごくロマンを感じます。

来年中には一度香港に行ってみたいと思っているので、その時はレトロな茶餐廳や冰室巡りをしたい!そんな香港への思いを馳せながら飯田橋に向かいました。

 

 

メニューが本格香港スタイル

IMG_8699

こちらがメニュー。うおぉ、広東語だ。同じ繁体字でも結構違う。

サンドイッチは三文治なのか〜(台湾では、三明治 サンミンヂー san1 ming2 zhi4)

飲み物も日本人にとっては謎なものがたくさん。現地ではおなじみのものが揃っているみたいです。

IMG_8703

私が注文したものはこちら。

鴛鴦茶(コーヒーと紅茶と甘い練乳ミルクがミックスされた香港でメジャーな飲み物)

バターの挟まった菠蘿包(パイナップルパン。日本でいうメロンパン?)

できる限り現地っぽいものに挑戦しようと思って、ドキドキしながら鴛鴦茶を飲んでみました。独特の練乳の甘さに最初びっくりするけれど、これ意外といけるんじゃない…?コーヒーと紅茶を混ぜる意味は全く分からないけれど…笑

 

IMG_8704

菠蘿包はバターの塩気とパンの甘さがマッチして美味しい〜お店の厨房でちゃんと焼いてるっぽいです。カロリーがすごそうだけど美味しいので気にしないことにします。笑

 

IMG_8706

沙爹牛肉撈麵(サテビーフの汁なし麺)飲み物とセットです。

八角とは少し違う中華な香りのタレに漬け込んだお肉の乗った出前一丁の麺です。ちょっとジャンクな感じで美味しい!栄養偏りすぎで心配になってくるけれど、忙しい香港の人たちがちゃちゃっと食べるにはちょうどいいのかしら。

麺類はハムと卵が出前一丁に乗ってるだけのものもあって、中華と英国が雑に混ざった感じがおもしろすぎます。ランチメニューは他にも、ご飯の上にチキンやチャーシューが乗っているものも美味しそうでした。

 

IMG_8701

kt氏は先にお昼をちょっと食べていたので、香港式ミルクティーとエッグタルトを注文。

エッグダルト、少しもらって食べてみたけれど、これだけ本格的なのは初めて食べるかも?シンプルで美味しいです。

IMG_8702

この牛カップかわいいな〜。牛のイラストだけでなく、飲み口の分厚さも魅力的。香港に行ったら手に入るのか調べてみたら、この練乳ミルクのブランドのプロモーション用の非売品っぽいです。

台湾でいう台湾ビールのロゴ入りグラスみたいなものか…あれもほしいけれどなかなか手に入らなさそうです。

 

お客さんや店員さんが香港人だらけで異国ムード満載

IMG_8700

蛋撻はエッグタルトのことです。

店内には当たり前のように広東語表記、周りのお客さんの会話も結構な確率で広東語、店員の女の子たちからはちょっと普通話も聞こえてくる気がするから香港人だけってわけじゃないのかな?後から調べたら厨房のスタッフは全員香港人だそうです。

広東語ってそれこそウォン・カーウァイの映画でしか聞いたことない気がするから全く分からないし、おっちゃんがしゃべってると中川家の弟の香港人のマネにしか聞こえないレベルなんですが、声調が6つあるらしいです。中国語の4声でアワアワなってる私には無理です……

本物の香港に行く前におもしろ体験ができて大満足です。ますます香港に行くのが楽しみになってきました。

 

香港贊記茶餐廳

千代田区飯田橋3-4-1

営業時間:11:30~23:00

※営業時間が延長したので訂正しました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事