台湾の朝ごはんを作ってみた

IMG_8627

池袋北口のチャイナタウンに陽光城というゴリゴリ現地感満載の中華食材店があるのですが、先日初めて買い物してみました。

狭い店内に商品がひしめき合っていて、なんでも豊富に揃っているというわけではないですが日本ではまず手に入らなさそうなものがいろいろあります。

見た感じ大陸産のものが多いですが、繁体字が書いてあるものはよく見ると台湾産だったりします。韓国産の辛い鍋用のスパイスとかも売っていて、きっと美味しいんだろうな〜。レジ横のコーナーにはお店で作ってるっぽい揚げドーナツや粽などいろいろ並んでます。ドリンクコーナーには黑松沙士も売ってました。

その中で台湾産のものはなぜか朝ごはんっぽい商品が多数見つかったので、朝ごはんメニューを作ってみることにしました。

 

買ったもの

永和豆漿(豆乳)

冷凍の韭菜拉餅(ニラパンケーキ)

本当は以前見かけたシンプルな蛋餅の皮が欲しかったのになくなってたから代わりにこれを買ってみることに。

油條(揚げパン)は台湾産というか揚げたてのものが店頭に並んだばかりだったのでびっくりしました!日本でお目にかかることはなかなかなさそうです。他に新竹米粉も買ったので後日使ってみます。

 

お店の情報はこちら

中国語が飛び交っていて最初ちょっと怯みますが、レジのおじちゃんが結構親切だったので大丈夫です。中国人用の店というわけではないので日本語も通じます。笑

でも24時間営業なのが謎だなぁ…深夜までやってる飲食店の人が買いに来るのかな。

 

池袋 陽光城

豊島区西池袋1丁目25-2

24時間営業

 

翌朝。なかなかそれっぽい朝ごはんが出来上がりました!

IMG_8629

 

韭菜拉餅はフライパンで両面焼いて、薄焼き卵を挟んだだけなのにめちゃくちゃ美味しい!ちゃんと台湾で食べた味がします。次回は生地から作ってみたいけれど、このモチっとカリッとした食感を出すには何を入れたらいいんだろう。

油條は多分買ってすぐ食べたらもっと美味しかったと思うんだけど、豆漿に浸して食べると台湾っぽさを味わうことができました。

本当は鹹豆漿も作りたかったんだけど、知らずに甘い豆乳を買ってしまったので今回はそのままいただきました。

台湾の甘い豆乳、最初は甘すぎ!と思ってたけど、だんだんこれが美味しいと思ってくるから慣れってすごいなぁ。特に高雄で飲んだ黒豆の豆漿がすごく美味しかった!

でもこの前試しに飲ませてもらった米漿(激甘でどろっとした茶色い米ドリンク)はまだまだ自分にはレベルが高すぎると思いました…

次回は蛋餅を生地から作って、鹹豆漿にも挑戦します。鹹豆漿、日本にある食材で作ったら日本っぽい味になってしまいそうな気がするけれど、またレポートします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。